期間限定、無料レポート配布中!

無料お持ち帰りレポート

恋されちゃうということ

どうしても、風俗嬢にしか恋ができないひとっていうのはいます。やっぱりある程度のお金を払えば、自分に優しくしてくれて、肌も合わせられて、という風俗嬢ですから、普段女の子と触れ合う機会がない人達にとって見れば、ほぼ唯一の恋愛対象なのでしょうね。

 

 

 

でも、こちらがほとんど何のアプローチ、色恋営業などを仕掛けていなくても、勝手に勘違いして惚れてくる、という迷惑な客は本当に勘弁してほしいのです。

 

 

 

どんな仕事でも、お金を貰えば、こちらとしては、笑顔で接客をします。それは職業人として当然です。牛丼屋でも、ブックオフでも、マクドナルドでも、同じです。みんな、笑顔で対応してくれることでしょう。

 

 

 

そんな人に「君に会えない時間がつらいけど、会ったら会ったでつらい」などと言われます。気持ち悪いです。私はつい「あなた、友達いないですよね」と言ってしまいました。それに対する答えは「だって、風俗嬢と付き合っている、なんて言う友達いないよ」とのこと。えっ!? 付き合っていることになっているの? あなたの中で?

 

 

 

最悪です。

 

私は、ただ、もらったお金の中で、時間の中で、それに見合ったサービスとして、会話や、セックスに関することを提供しているだけです。それでも、やはり、勘違いをされてしまうことが多々あるのですね。そればっかりは、自分でコントロールすることが難しいのです。この点は非常に困ります。そういう客は、NGにしてもらう、というのもひとつの手ですね。