期間限定、無料レポート配布中!

無料お持ち帰りレポート

マットプレイの鬼

マットプレイというのは、ほとんどソープ嬢の基本テクニックとなっています。私は、それなりに自信はあります。

 

 

 

ただ、マットがスゴイ人、というのがいて、なんというかかなりアクロバティックな技を繰り広げたりします。私にはそういうことはできないので、実際の気持ちよさに重点をおいたプレイを心がけています。

 

例えば、スゴイマットというのは、あんまり評判が良くないのです。もちろん、うまくやればいいのかもしれませんし、体型によって向き不向きがあるのかもしれませんが、なんとなく、あんまり私には向いていないみたいです。

 

 

 

そういうのではなく、密着して気持ちいいような、マットプレイであれば、私にもできますし、お客さんにも評判がいいです。

 

マットプレイがスゴイ人っていうのは、まあかなりの修行を重ねていて、そういう麺でもとても尊敬できます。私にはとてもじゃないですができません。

 

 

 

私は、ただひたすら気持ちよさを追求することにしています。そんな私のマットをスキで指名してくれるお客さんからは「マットかなり気持ちいいんだけど、いったい何がスゴイのかは全然分からない」などと、褒めているのか何なのかよくわからないコメントを頂きます。ありがたし。

 

 

 

自分なりに日々研究した結果がそういうふうに実を結ぶと、かなり嬉しいです。この仕事をしていて、よかった、と思う瞬間の1つですね。

 

他のプレイでも、自分なりの研究結果というのはありますが、それは、またおいおい。