期間限定、無料レポート配布中!

無料お持ち帰りレポート

オナクラ嬢の言葉責め

オナクラでは基本、男性はオナニーをする、女性はそれを見る、という図式が成立しています。しかし、そのプレイにおいて、ちょっとおいしい思いをした、というような体験談を聞くことがあります。

 

 

 

この男性は、大阪の京橋にあるオナクラに行ったのだそうですが、その周辺のオナクラはほぼまるごと制覇済み、という筋金入りのオナクラ好きです。そんな経験豊富な彼の言うことですから、信憑性は充分にあります。

 

 

 

この京橋のオナクラ、女の子のレベルがやばいみたいです。オナクラは業界全体で女の子のレベルが高いというのは周知の事実なのですが、その中でも群を抜いている、ということらしいです。まあ、女の子のレベル、ルックスなどは好みも入りますから一概には言えないのですが、確かに、店長のセンスがいいのか、スカウトがうまいのかわかりませんが、やたら美人揃いの店もあるにはあります。

 

 

 

さて、彼、美人揃いのその店の中でもとびきり美人の女の子を選んで、プレイを開始したのだそうです。このときには、オプションとして言葉責めをリクエストしたのだそう。プレイをはじめて気づいたことが…それは…この女の子、口が悪い! これは言葉責め向きの女の子ですね。

 

 

 

もしかしたら、オプションなどを付けなくても言葉責めしてくれたのかもしれない…とのことです。でも結果的にはその口の悪さ故、かなりいい思いをしたのだそうな。だって、言葉責めをリクエストするくらいですから、口は悪ければ悪いほどいいですもんね。